消化器内科の転職に成功した医師にインタビュー!転職成功の秘訣とは

一般内科に次いで多いとされる消化器内科の求人数。

その求人の多さに比例するかのように、医師に求められるスキルも多岐に渡っています。

では、そんな消化器内科の転職を成功させるためにはどんなことに気をつけたら良いのでしょうか。

今回は、消化器内科の転職に成功した医師へ行ったインタビューをもとに、消化器内科の転職についてお話ししていきます。

転職しようか悩んでいる方は、この記事を読んで参考にしてくださいね。

消化器内科の転職に成功したTさんの話

まずは、消化器内科の転職に成功した男性医師Tさん(50代)の話をご紹介していきます。

転職に至った経緯はなんでしたか?

消化器疾患以外の患者さんを受け持ったことがきっかけでした。

病院の体制の関係でしょうがないとは思ったんですが、続けているうちに違和感を抱えきれなくなってしまってやる気も喪失。

このままではいけないと思い、転職を決意しました。

転職をするときに重視したことはなんですか?

前職よりも収入が減ることと、年齢的にも当直は避けたいというのを重視して転職先を探しました。

あとはとにかく、消化器内科医として自分のスキルを活かせる場所で働きたいという思いでした。

転職してどう変わりましたか?

当直なしの条件をクリアし、年収は減るどころか大幅アップ!現在の職場では消化器内科の部長として働かせてもらっています。

この歳での転職は不安でしたが、やりがいのある毎日を手に入れることができました。

消化器内科の転職について

消化器内科の転職に成功したTさんの話をご紹介させていただきました。

この項では、消化器内科の転職について詳しくお話ししていきます。

専門性の高い医療機関は即戦力を求める

消化器センターや内視鏡センターのように規模が大きく専門性の高い医療機関は、経験値や担当した症例数の多いベテラン医師を求めています。

若い医師であれば、コミュニケーションスキルや人間性が重視される傾向にあるとされています。

自分の方向性に合った求人を選ぶ

消化器内科の求人は専門外来のある医療機関でだけでなく、診療所や健診・人間ドック施設などさまざま。

専門医取得可能施設の種類も豊富なので、専門医の資格を目指すのであれば何の認定施設であるかしっかり確認しましょう。

また、小規模な施設であれば一般内科への対応も必要とされることもあります。

専門性を極めて働くか、臨床経験を積んで幅広い診療スキルを身に着けて働くか、さらには常勤・非常勤・アルバイトなど選択肢は豊富。

自分の方向性と条件に合った医療機関を見つけてくださいね。

内視鏡のスキルが重視される?!

消化器内科の業務の中で、今後強みとなるのは内視鏡のスキルです。

上部内視鏡GFや下部内視鏡CF、さらにはEMRやESDなど、症例数を積めば転職の幅が広がるとされています。

Tさんが利用したのは転職サイト『リクルートドクターズキャリア』

希望条件 転職後
年収が下がることは避けたい 年収200万円アップ
当直なし 当直なし

Tさんは転職サイト『リクルートドクターズキャリア』を利用して、希望していた条件よりも好条件での転職に成功しました。

リクルートドクターズキャリアは医師の転職をサポートして37年の実績を持つ転職サイトです。

Tさんに更に話を伺ってみました。

転職して良かったことは何ですか?

部長という立場になり責任は増えましたが、その分やりがいを感じています。

できれば研究のために使う日が1日ぐらいあったらいいなという希望も叶ったので、本当に充実した日々です。

転職成功の秘訣はなんだと思いますか?

わたしが転職に成功したのは転職サイト『リクルートドクターズキャリア』に登録したおかげだと思います。

というのも、担当コンサルタントさんの交渉のおかげで希望条件を全部クリアした好条件の転職ができたからです。

わたし一人で転職活動していたら条件交渉なんて絶対できなかった。

「わがままかな?」と思うような希望を伝えてもしっかり対応してくれ、レスポンスも早いのでなるべく短期間で転職したかったわたしにはピッタリでした。

面接や面接に関する書類の作成方法のアドバイスも受けることができ、何から何までお世話になって本当に感謝しています。

転職しようか迷っている方は一人で悩まず、まずは登録してコンサルタントさんに相談してみることをおすすめします!

まとめ

実際に転職に成功した医師の話をもとに、消化器内科の転職についてお話しさせていただきました。

専門性を突き詰めるのか幅広く対応できるスキルを身に付けるのか、消化器内科医の働き方は人それぞれ。

自分にピッタリの転職先を見つけるためにも、転職サイトへの登録をおすすめします。

忙しい医師の皆様の代わりに、あなたにピッタリの転職情報を提案してくれることでしょう。

登録は無料なので、ぜひ利用してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です