整形外科医師に転職するならコレを見ろ。失敗談と秘話をご紹介!!

骨、軟骨、靭帯、神経など、運動機関を構成する組織を治療するのが仕事の整形外科の医師は、その専門域の広さゆえに患者数が多く、過労が強いられている場合が多々あります。

「現状の勤務体系に不満はあるけれども、そもそも転職活動する時間がない・・・。」

なんて方も多いのではないでしょうか??

そんなときに役立つのが、医師専用の転職サイトです。

今回は悩んでいる医師たちのために、実際に転職に成功した整形外科医の秘話や、整形外科医の転職の現状、さらには私がオススメする便利な転職サイトについて詳しくご紹介していきたいと思います。

整形外科の転職に成功した医師Yさんの秘話

まず初めに、現状に不満を抱いていた整形外科医が思い切って転職し、見事な成功をおさめた秘話についてご紹介していきたいと思います。

医師のYさんは前の職場でどんな不満を抱き、どうして転職を決意できたのでしょうか。

転職前の職場環境はどうだった?

数多くの症例を経験できたことはよかったのですが、勤務時間が長くて自分の時間がほとんどありませんでした。

私が勤めていた病院ではそれが当たり前になっていたのですが、知り合いの話を聞くと、どうやら病院によってはもっと効率よく働ける環境があるのだと感じました。

転職先の希望条件は?

私が転職先の希望条件として挙げたのは

  • 家族と過ごす時間を確保できる。
  • 自分の専門分野に携われる。

この2つです。

特に、転職の目的でもあった家族と過ごす時間を確保することについては、コンサルタントの方にも強く希望いたしました。

一方で、年収についてはあまりこだわりがありませんでしたので、現在と同等程度か少し減るぐらいであればよいと考えていましたね。

転職を決めた理由について

転職を決めた理由については単純ですが“しっかりと自分の希望条件に合った職場が見つかったから”です。

また、今住んでいる場所から引っ越しをする必要がなかったのも、転職を決めた大きな理由ですね。

面接の際に私の希望条件や気持ちについてお話させていただきましたが、とても丁寧に聞いてください、「私の次の職場はココだ!」と思いましたね。

実際に働いている今でも、あのとき転職を決断して本当に良かったなぁと感じています。

整形外科医の転職について

これまでは転職に成功した整形外科医Yさんの体験談についてご紹介させていただきましたが、整形外科医の転職の実情は一体どうなっているのでしょうか。

ここでは整形外科医の転職にまつわる、3つのポイントについてお話させていただきます。

医療施設の形態がさまざま

整形外科は他の科と比べると医療施設の形態がさまざまで、一般外傷やリハビリテーションクリニック、さらには脊椎専門病院から大きな大学病院まで、幅広い医療機関で求人が行われています。

専門性のある分野が求められる

整形外科で求人が多いのは、専門性のある分野

  • 脊椎
  • 肩関節
  • 肘関節
  • 関節リウマチ
  • 膝関節
  • 骨軟部腫瘍

各専門分野で様々な症例を治療してきた実績のある医師です

転職先を探す際には、自分の専門分野がしっかりと活かせる病院であるか見極めることも大切でしょう。

地域医療を担う整形外科医の求人も多い

各地方では地域医療を担うために、整形全般を診察できる医師の需要も高い傾向にあります。

高齢化が進んでいる場所ではオペがない施設も多くあり、薬物療法や運動療法、ブロック注射などの全般的な対応力が求められます。

また、スポーツ外傷やリウマチを専門に診ている医師も、地域医療を担う医師として需要が高いでしょう。

多くの整形外科医が利用している転職サイト『リクルートドクターズキャリア』

上記でご紹介した医師のYさんが転職の際に利用したサイトが『リクルートドクターズキャリア』です。

現在、数多くの医師が転職に利用しており、特に専門性を武器としている整形外科医には、自分の希望条件に合った転職先を探しやすいようになっています。

今回は転職に成功した医師Yさんに、『リクルートドクターズキャリア』を使ってみた感想について詳しく伺いましたので、見ていきましょう。

転職して1番良かったことは何ですか?

なによりも自分のために使える時間が増えたことですね。

これまでは勤務時間が長かったり病院間の移動に時間がかかったりしていたため、家で過ごせる時間が少なかったのですが、転職後は当直がなく週末もお休みをいただけているため、家族と過ごせる時間が格段に増えました。

おかげで研究にも時間を充てられています。

収入や生活への変化は?

働く時間を減らしているため収入が減ることについては仕方がないと考えていたのですが、実際に働いてみるとほとんど減ることはなく、とても満足しています。

家族と過ごせる時間が増えたからかもしれませんが、精神的にも余裕をもって生活できており、担当していただいたコンサルタントの方には本当に感謝しております。

どうして転職に成功できたと思いますか??

一番のポイントは、私の希望に合った転職先を見つけられたことではないでしょうか?

私が利用した転職サイト『リクルートドクターズキャリア』では、担当のコンサルタントさんが直接、転職先の病院に交渉してくれたおかげで、希望した条件で働くことができております。

転職先に自分の希望条件を言うなんてわがままなんじゃないか・・・。と最初は少し気が引けていましたが、実際に働いてみると転職前にきちんと自分の希望条件を伝えることが大切だと感じましたね。

リクルートドクターズキャリアでは、プロフェッショナルな方々が面接や提出書類など転職活動に関する内容のアドバイスもしてくれたため、本当に助かりました。

今の勤務状況に不満がある方、もっと上を目指したい方は、少しずつ生活を変えるためにもまずは1度、お試し気分でコンサルタントさんにご相談してみることをオススメしますよ。

まとめ

医者の転職って精神的にも時間的にも余裕がありませんよね。

「今の職場を離れて本当にいいのか。」

「子どももいるし、このまま我慢するしかないのか・・・。」

そんな思いで悩み続けている方が多いと思います。

でも、患者を幸せにするのが医師の役目なのですから、まずは医師である自分から幸せになりましょうよ!

きっと自分に合った職場があるはずですので、勇気を出してベストな転職先を見つけ出してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です