小児科医の転職秘話!やりがいのある毎日を手に入れた医師の話

新生児から15歳未満といった幅広い年齢のさまざまな症状に対応しなければならない小児科医は、豊富な知識や経験が必要とされるので仕事はハード。

「今の職場に不満はあるけど転職をするにも時間がない…」

という医師の方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、小児科医の転職についてお話ししていきます。

また、小児科転職の動向についてもご紹介しますので、転職をお考えの方は参考にしてくださいね。

小児科の転職に成功した医師Aさんのエピソード

まずは小児科の転職に成功した医師Aさんのエピソードをご紹介していきます。

子供が大好きなAさん。

念願の小児科医になったものの、転職をすることになった経緯はなんだったのでしょうか。

転職前の職場環境は?

病に苦しむ子供たちを救いたいという思いで小児科医を目指したので、効率の良さばかりを求める経営者との方針が合わず転職を考えていました。

転職する際の希望条件は?

転職する際に重視したことは、

  • 小児科医としてのキャリアを積めるところ
  • 専門医を求めているところ

でした。

小児科専門医を取得したので、アレルギー外来や小児のアレルギーについて専門医を必要している病院で働いて子供たちを救いたいと思ったんです。

転職を決意したポイントは?

転職を決意したポイントは、小児のアレルギー外来を開設しているというのが一番でした。

面接の際も丁寧に話をしてくれ、治療方針や子供への接し方、親御さんへの指導法などもぜひ勉強させていただきたいと思い転職を決意しました。

実際に入職した後も、尊敬できる先輩医師のおかげで毎日充実した日々を送っています。

転職して本当に良かったです。

あのまま違和感を抱いたまま働いていたら…と考えると、ダメになっていくのが目に見えていたので行動して良かったです。

小児科の転職について

小児科の転職に成功した医師Aさんのエピソードをご紹介させていただきました。

この項では、小児科の転職について詳しく見ていきましょう。

小児科医は不足傾向にある?!

小児科医は不足傾向にあるので、求人情報は比較的多くなっています。

特に多いのが救急対応の総合病院。さらには新生児医療の現場での求人を渇望している地域も多数です。

また、小児科は女性医師の割合が比較的高く、出産や育児などで離職するという医師も少なくありません。

そういった医師の職場復帰や仕事を継続できるように、外来中心の小児科の開設や女性医師のワークシェアを進めるなど、環境を整える医療機関も増えています。

自身の望む医療機関への転職を成功させるため、希望条件はあらかじめ明確にしておくようにしましょう。

せっかく転職をしても、「こんな働き方を望んでいたわけじゃない」といった失敗をしてしまっては元も子もありません。

歓迎!アレルギー疾患に関する豊富な診療経験

小児科では食物アレルギーやアトピー性皮膚炎などの疾患に関して豊富な診療経験のある医師を歓迎しています。

これは食物アレルギーやアトピー性皮膚炎などの慢性的な症状を持つ小児患者が増えていることが原因です。

施設の二極化が進んでいる

少子高齢化に伴って施設数が減少している小児科。

急性期病院や地域拠点病院と、外来のみの医療機関の二極化が進んでいると言われています。

よって新生児集中治療室を備えている病院や救急診療を行っている病院には、さまざまな症状を抱える小児患者が集まる傾向にあります。

高度なスキルが求められるので大変ではありますが、未来を担う子供たちのためにスキルアップややりがいを求める方には持ってこいの場です。

医師Aさんが利用したのは転職サイト『リクルートドクターズキャリア』

医師Aさんが利用したのは転職サイト『リクルートドクターズキャリア』でした。

転職して良かったことは何ですか?

転職して良かったことはやはり尊敬できる先輩医師の存在ですね。

前の職場ではそもそも診療方針が合わなかったので。

自分の強みを生かして仕事をできることをとても嬉しく感じます。

年収や生活はどう変わりましたか?

年収は以前とほぼ変わりません。

生活は確実に変わりました。毎日大変ですが、やりがいを感じているので周りからもいきいきしているねと言われるようになりました。

転職に成功したポイントは何だと思いますか?

わたしが転職に成功したのは確実にリクルートドクターズキャリアのおかげだと思っています。

というのも、親身になって話を聞いてピッタリの職場を探してきてくれるコンサルタントさんに出会えたからです。

忙しい毎日の中で転職活動を行うことはなかなか難しく、夜中にたまたま見つけて登録したのが始まりでした。

コンサルタントさんの存在がなければ、転職を決意することはできなかったと思っています。

まとめ

小児科の転職に成功した医師のエピソードをご紹介しました。

小児科医は子供たちの心と体をケアする大切な存在。

患者である子供だけではなく、親御さんとのコミュニケーションも重要とされています。

その分大変なことも多いですが、やりがいや子供たちの笑顔に救われることも多いはずです。

未来を担う子供たちを救うため、ベストな転職先を見つけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です